Recent entries
2010/03/23 (Tue) ギリギリ・・2
2010/03/23 (Tue) ギリギリ・・

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回の記事を書いてから次の日にネットを見ていますと

フリーズぅ・・・

まぁよくある事ですので

いつもはリセットボタンを押しているのですが

先の細いものがなかったので強制終了して

再度電源を入れてみると、

立ち上がらない!!!@@

何度やっても立ち上がらず

『あぁ、ハードディスクが逝っちゃったのかなぁ?;;』

バックアップ取ってないよ~~


修理に持っていく暇もなく、放置状態に。

子供たちからは

『いつになったら使えるのと??』

と催促の嵐です。

そこでしょうがなくPCを開けてみて

前に使っていたCPUと入れ替えたところ、

なんと立ち上がったじゃないですか!!!

自分の中でハードディスクと決め付けていたことが失敗でした。><


コメント頂いていた方々、返信遅くなってすいません。。。


スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ


ついついご無沙汰してしまいます。><

年も明けてからかなりたってしまいました。

仕事と野球であっという間の日々が過ぎてしまいます。

ちゃんと書いている方は書いているんですが・・・

やっぱ性格でしょうね。。。><


もう各チーム春の大会に向けてちゃくちゃくと準備をしていることでしょう。

そんな中

タイトルの話をしたいかなと。。


みなさんのチームの子供たちはチームの監督、コーチなどの問いかけに

『はい』や『うん』などと全ての子が返事を出来ていますでしょうか??

うちのチームでは半数ぐらいが出来ません。

全員でいるときは出来るんですが

個別に話をしている時ですと、うなずくことしか出来ない子が多いんです。

これって野球以前の問題とつくづく感じているんですが

こういうのって原因を追究しきれませんよね??

親のしつけなのか?コーチなどが怖くてそうなってしまうのか?

週末の携わりだけではわかりえない事です。

これをどこまで子供たち本人を怒って(指導)いいものなのか?


うちは挨拶や返事だけはうるさく言っています。

それが出来ることによって他の方から

『ちゃんと挨拶できてエライね。』

そう言われる、思われるようになって欲しいと思っているからです。


今の子供事情に???と思われている方も多々いるはずだと思い

記事として書かせていただきました。




テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ


自分の仕事関係の人の話なんですが

息子さんがこの度モトクロスのプロライダーとして契約との話を聞かせていただきました。

アマチュア(高卒)でプロライダーとしては初との事です。

おめでとうございます。^^



今まで親子2人3脚。

いや家族ぐるみで取り組んでいたので4人5脚でしょうか。

週末になるとあちこちへとレースに飛んでいるようでした。

モータースポーツですから

まず、かかる金額が桁違いとのことです。

ですから、スポンサー探しなども行ったりとかなり大変な思いをしてるはずなんですが

この人が言うとさも簡単に言えちゃうんですけど

普通で考えるととてつもなく大変な事だと思います。

人柄なんでしょうが大変な事をしてるように感じさせないんですよね~。

こういう人柄だからこそ子供が伸び伸びやってこれたのかもしれません。

お金がかかるスポーツですが別にその方が特別お金持ちというわけがありません。

自分らの仕事は時間に多少融通が利くぐらいで。

でも、周りを見渡すとお金持ちらしき人がほとんどの世界のようですが。。。

その中でも、このような結果が出せたのは

親子のつながり

なんでしょうかね。



そんな方と会えば気軽に話しちゃっているわけなんですが

その業界の方々からしてみれば

うちら少年野球の父親からしてみれば

『今年ドラフトの目玉の菊池選手』の父親とお話しているのと

変わらない世界と言っても過言ではないかもしれません。


現場で会えば色々な事を聞かせていただき勉強させていただいています。

自分がコーチという立場でなければ

そこまで食いつく話でないかもしれませんが

こういったことを吸収させて頂きつつ子供の育て方を学んで行きたい次第ですね。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ


今年も後残りわずかですが

今年は2名の退団者が出ました。

2名とも5年生でした。

1人の子は入ってきたのも遅く、休みがちでした。

もう1人の子は同級生に比べて少し伸びが遅いといった感じでしょうか。

練習は真面目にやってはいてくれたんですがね。

やはり、試合に出ている出ていないが大きな原因だったのかな?とも思ってしまいますね。

同級生が出ている中、自分は出れないといったあたりが。

後者の子の親御さんいわく、『野球が難しいと言っていまして・・』

とのことでした。

確かに野球は子供がやる中では難しいスポーツだと思います。

本人が合わないと思った以上、無理にやらせても逆効果も出るでしょうし。

でもそこで、次に子供が行える事を探してあげることも必要なのかな?

子供のうちに何でも構わないので1つの事を長く続ける事を覚えさせることって

今の時代には大切なのかな??と思ってみたりします。



家では長女が今年部活を始めるにあたって

『取り合えず自分で選んだんだから3年間しっかりと続けなさい。』

これだけを伝えています。

やはりこの3年というスパンを嫌な事があっても成し遂げる事が

将来的に色々な事を長く続けるための基本のような事に感じています。

自分の趣味ならスグやめようが構いませんが

人との繋がりがある事をスグに放棄しない練習じゃないかと思っています。


P.S まぁ こんな偉そうな事を言える人間ではないのですが・・・^^;

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ


ふと思ったことなんですが

コーチをやっておられる方はだいたい熱い気持ちを持って

やっておられる方が多いのでしょうが

子供たちにはこれって伝わるものなのかと・・・・・

高校生ぐらいになればそういったものは感じ取れる思うのですが

中学生くらいではどうなのでしょう??

小学生になったら更にどうなるのでしょう??

何度も同じ事を言って、やはり『うるさい』としか感じていなかったりしたら・・・

でも悪い所は何度も言うしかないしぃ~~~(言い方は多少変えますが。)

子供たちに大人の考えが浸透することってあるのかなぁ??なんて

考えたりしてみちゃいました。

まぁ 浸透してたらもっと上達してそうな感じもするんで

逆にそれが無いから子供な訳で

子供がやっているから少年野球が楽しいのかなぁ~~。




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 狸コーチのだましだましでドコまでいけるか?少年野球!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。