Recent entries
2010/03/23 (Tue) ギリギリ・・2
2010/03/23 (Tue) ギリギリ・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピッチング練習をしていて

いつも気にかけて注意している事なのですが

キャッチボールですとそれなりに体重移動をして投げているんですが

ピッチング練習になると、投げ終わった後にほとんど左に流れてしまう。

(実際、軸足の右足が0度から着足するのに225度ぐらいまで回っちゃいます。)

もともと肩が開いてしまう子がそうなるのは想像つくのですが

取り合えず今ピッチャーをやっている2人はそれほど開くわけではないんですよね。

キャッチャーをやりながら観察しているので

長い時間観察していられないのですが

この間、ふと気付いた事があったんですよ。!!

見ていて普通に真っ直ぐ立っているようにいつも見えていたんですが、

よく見ると、微妙にセットポジションの時点で頭が少し後傾していたんですよね。

ですから、足を上げた時には更に後傾しているんですよね。

でも、ひどい子に比べたらその後傾はそれほど大きなものではありません。

それだけ軸って大事なんだなぁと感じさせられました。

この子は守備はチーム1で守備の時の送球はバッチリなんですが

ピッチャーをやるとイマイチになってしまうんですよね。。。

でもその事を伝えて本人に意識させて投げてもらったのですが

回ることも無く、コントロールもいい感じになってきました。

器用な子ですので理解が早くて助かります。



でも、まだまだ独創的?なフォームの子が多いのです。

◍ 肩の開きが早い
◍ 肘から出てこない(手が伸びた状態で投げてしまう)
◍ 軸足が折れすぎて力が前足に伝わらない
◍ 前足が外側に開きすぎてしまう

等など

キャッチボールの時間に指摘しても全員に回りきれないしなぁ・・・

入った時に個別で教えないと変な癖がついていくだけでして・・・

その辺もチームの考え方を変えなきゃいけないんでしょうけど

どうせやるのは俺になっちゃいそうですし。

今もほとんどキャッチボールの相手は2年生。

ホントは5年、4年のマズイとこ直したいんですけどね~~。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 狸コーチのだましだましでドコまでいけるか?少年野球!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。